第29回鶴ヶ城ハーフマラソン大会

ゲスト紹介

Guest Runner

佐藤悠基選手

佐藤悠基選手

 

静岡県出身、佐久長聖高校、東海大学
血液型 A型、 身長 179cm、 体重 60kg

自己ベスト記録
1500m 03分43秒94
3000m 07分44秒63
5000m 13分13秒6
10000m 27分38秒25
マラソン 2時間12分14秒

主な記録
2011年 日本選手権5000m 2位、10000m 優勝
2011年 アジア選手権5000m 2位
2011年 世界選手権10000m 日本代表
2012年 日本選手権10000m 優勝
2012年 ロンドンオリンピック 5000m・10000m 日本代表
2013年 日本選手権10000m 優勝
2013年 世界選手権5000m・10000m 日本代表
2014年 日本選手権5000m 優勝、10000m 優勝
2014年 アジア大会5000m 6位、10000m 日本代表

 

土井友里永選手

土井友里永(どい ゆりえ)選手

 

所属  富士通陸上競技部
出身  千葉県

自己ベスト記録
5000m:15分37秒32(2012 静岡国際陸上競技大会)
ハーフ:1時間10分50秒(2102 実業団ハーフ)
マラソン:2時間36分28秒(2016 北海道マラソン)

好きな食べ物  白米

 

駒澤大学陸上競技部

板橋賢吾選手

4年 板橋賢吾(いたばし けんご)選手

秋田県出身  ハーフベスト  1時間05分16秒

紺野凌矢選手

4年 紺野凌矢(こんの りょうや)選手

福井県出身  ハーフベスト  1時間04分05秒

中村大聖選手

2年 中村大聖(なかむら たいせい)選手

埼玉県出身  ハーフベスト  1時間04分07秒

PR大使

越尾さくらさん

越尾さくらさん

福島県会津若松市出身

静と動を巧みに操るハイパワーボイスを持つシンガー。
京都・清水寺で行われた日中友好の歴史的イベントでは、日本側の代表シンガーとして、清水寺の舞台で歌唱した経験を持つ。 東日本大震災以降、福島県復興応援プロジェクトを立ち上げ、多くの人が賛同・協力し注目を集める。

歌を通して福島の未来を担う子供達の支援がしたいという想いで、特に震災により家族を亡くし、震災遺児、孤児になった福島の子供達の生活や就学支援の活動を行っており、「ふくしま子供寄付金」への寄付を震災以降続けている。

キャンドルジュン氏による、被災地支援活動「LOVE FOR NIPPON」のメンバーとして、東日本大震災の月命日には、仮設住宅で行われるボランティア活動に参加、ライブ活動も行っている。
福島県内の復興関連イベントだけでなく、県外のイベントにも被災地代表アーティストとして招かれることも多く、震災を風化させないために、自らも都内でチャリティーライブを開催したり、あったか福島の観光交流大使としても福島県産のアピール、福島の現状を伝える活動にも力を入れている。
また、スポーツ関連のタイアップも多く、2013年から会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン大会のPR大使に就任。自らも数多くの大会に出場し、2015年にはホノルルマラソンに初出場。福島をアピールするタオルをゴールで掲げフルマラソンを完走。スポーツと音楽を繋げる活動も精力的に行っている。

2012年以降から、楽曲制作陣が一新。超一線で活躍する豪華な制作陣となり、立て続けにAmazonのmp3ダウンロードランキングで1位を獲得するなど、各方面で注目を集めるアーティストである。

●オフィシャルサイトhttp://sakufinity.com/
●オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/sakufinity/

M高史さん

永峯恵さん

1988年12月9日生まれ
会津が生んだ民謡アイドル

趣味は酒蔵巡り、特技はマラソン
「エンヤー♪」と民謡を歌い日本全国に笑顔と元気を届けている。
3歳の頃、祖父より民謡を習い、地域のお祭り、イベント等で民謡を披露していた。
持ち前の歌唱力が認められ、2013年にはオリジナル曲「Gift/めぐみの会津磐梯山」で待望のCDデビュー、手売りで見事5000枚売上達成。現在は「あったか福島観光交流大使」に就任し、県内外で民謡を通じ福島の魅力をPRしている。また、2009年日本テレビ「恋のから騒ぎ」に出演し「民謡」という愛称で親しまれていた。そんなフレッシュでキュートな「エンヤーめぐみ」のステージは必見!

●オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ecomegu/